身内が亡くなったけど病院から紹介される葬儀屋って実は割高?

葬儀屋さんの場合、今にも死にそうな人の身内を見つけて、 「葬儀屋でございますが、近々ご用命は是非当社へ!」などと積極的に営業するというのはなかなか難しい。
かといって遺族の悲しみが癒えるタイミングを測ってと言うのも同業他社に取られてしまう恐れもありウカウカしてられない。

そこで病院専属の葬儀屋になることが一番効率的なのだ。
「葬儀はどうなさいますか? 病院の方から間違いのない業者をご紹介しますよ」と担当の医師がいえば、自然な流れで遺族もスムーズに葬儀へと準備ができる。

したがって葬儀屋も病院に入り込んでおけば常に葬儀依頼を受注できるので、安定した利益を上げることができる。
しかし病院で紹介される葬儀屋は、他での葬儀料金と比べて少し割高だと言われている。

病院も親切心で、葬儀屋を紹介しているのではなくて、そこはやはりビジネスなのだ。
当然、病院専属の葬儀屋になるためには、同業他社を入り込ませないために病院側へ多額のお金を支払っているらしい。
そこで病院側に支払っている経費は、当然葬儀代に上乗せされているのだ。
しかも病院専属の葬儀屋なので、他の葬儀屋と価格競争をする事も無いので少々高くても断られる事も少ない。

余談だが、病院で近親者が亡くなった場合、病院から許可証をもらえば、自分の車で遺体を運ぶことは可能なのである。

当然、病院から紹介された葬儀屋を断って他の葬儀屋に連絡して遺体を搬送してもらう事も問題ない。
今の時代、予めネットなどで情報を仕入れておけば、病院から紹介された葬儀屋だけに頼る必要も無いという事だ。