雑誌の懸賞やポイントサイトで稼いでたらガッポリ税金を課税された!?

随分昔の話だが「電波少年」と言う番組で、「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに、お笑い芸人のなすびが実際に懸賞生活を送るようすを1998年1月25日から1999年4月18日まで放映していたが、実は、この懸賞にも税金がかかるのだ。
特に現金でなくとも高額商品やポイントの換金や賞金が所得税の対象になってしまうのだ。
そしてその年の当選金などの合計額が20万円以上になると、「一時所得」として課税対象となる。

この場合には、サラリーマンや専業主婦やパート主婦などであれば自分で確定申告をしなくてはいけない。
そして、確定申告してしまうと当然所得税が発生するので、住民税も発生してしまうのだ。
例えば、扶養家族である妻が懸賞金に当選して控除額を超えたとすると、妻は確定申告しなければいけない。
懸賞に当選した年に関しては、妻は、扶養家族とみなされず、所得税や住民税が請求されてしまう!
更に厄介なことに妻は、 国民健康保険、国民年金保険も1年間だけ加入して保険料も納めなければならない。
賞金が当たって喜んでいたら・・・むしろ損したみたいな・・・!

雑誌の懸賞やポイントサイトで稼いでたらガッポリ税金を課税された!? はコメントを受け付けていません。 税金 裏金