タクシードライバーの稼ぎのはなし

タクシードライバーってどれくらい稼げるの?と言っても、タクシードライバーの給料は、タクシー会社や個人タクシーなどによってさまざまだし、個人の能力やスキルや経験値で大きく差は出るだろう。
タクシー会社に務めるドライバーでも固定給プラス歩合給のところもあれば、完全歩合給の会社もある。
完全歩合給のタクシー会社では、ドライバーが貰える給料は売り上げの60%から62%。
ドライバーは、24時間勤務、1ケ月12日の勤務が原則である。

そのため1ケ月で60万円を稼ごうと思えば、1日に8万円以上を売り上げなければならない。
したがって、タクシードライバーで月収60万円以上稼ごうと思うと非常に厳しい数字である。
実際にそのような稼げるタクシードライバーは、ドライバーの中で5%以下しか居ないらしい。
多くの平均的稼ぎのドライバーは、一日の売り上げ5万円台が精一杯で、平均年収は400万円程度となるようだ。
個人タクシーの場合は、売上全てが自分の取り分だが、車両購入費用の返済や車種維持費が出費なのでやはり厳しいのは同様なようだ。
ちなみにタクシードライバーになるためには、二種免許が必要で、免許を取得するのには、早い人でも2週間くらい教習所に通い、免許がとれたら、運転者登録を行なう。
その登録には2日間の講習を受ける事が必要で、それから受験となる。
試験に合格すると運転者登録証を受け取り、社内の講習を受け、晴れてタク シードライバーとして稼ぐ資格ができるのだ。