飛行機の機内でCA(キャビンアテンダント)のお尻を触って罰金払わされた件

旅行慣れしない人がつい気が大きくなったりで飛行機の機内でCA(キャビンアテンダント)に対してセクハラ事件や暴力事件などのトラブルを起こす事も少なくないようで、国際線などでは、それが日本人が起こしている事件も意外に多いらしい。

飛行機の機内でトラブルを起こしたら、どのような罰則があるのか?
航空各社は、相次ぐ機内トラブルの対策を練り、国土交通省では航空法を改正し、2004年1月から「機内の迷惑行為は安全を阻害する行為であるとし、罰金を科す」ことになった。
トイレでタバコを吸ったり、携帯電話の使用をやめなっかったり、ベルト着用や手荷物の移動などの指示に従わなかったり、客室乗務員へのセクハラなどの迷惑行為をしたりがその法令違反に当たるのだ。
機内で酔っ払って、CA(キャビンアテンダント)のお尻を触ったりしたら、「お客様・・お止めてください」と「ノリ」や「悪戯」ではすまされずに空港到着着陸後に警察に連行され、罰金を取られる可能性もある。
特に、機長が静止しても迷惑行為をやめないほどの悪質な場合は、着陸後に警察に身柄を引き渡され、50万円以下の罰金が科せられるという。