漫画や小説が映画化されると原作者には幾ら入るのだろうか?

例えば「銀魂」とか「世界の中心で愛を叫ぶ」や「進撃の巨人」などの小説や漫画がテレビ放映されたり映画化されたりする場合は多い。
漫画や小説が映画化されるとその原作者にはどれだけの儲けがあるのだろうか?

ざっくりとした例として・・ある小説が映画化された場合の儲けの道筋を見てみると、最初に仕事が発注され、原稿を執筆する。
大凡だが原稿料が150万円(原稿用紙1枚3000円x500枚)が発生。
これが単行本になると、印税450万円(定価1500円x3万部x印税10%)が、さらに文庫本になれば、印税650万円(定価650円x10万部x印税10%)が入る。
そして映画化が決定すると原作使用料100万から500万円(大凡平均300万円)が発生。
人気作家では、1000万円以上ともいう。
またDVD化されると2次使用料(大凡平均350万円)が入り
更に!テレビ放映されると原作料(大凡平均100万円)が原作者に支払われる。
ここまででざっと2000万円の計算だ。
また映画が流行れば、その原作者の他の作品が売れたり、原作もさらに売れて印税が再度入ってくると言う正にウハウハ状態の場合もあるようだ!

漫画や小説が映画化されると原作者には幾ら入るのだろうか? はコメントを受け付けていません。 ギャラや給料とか