オリンピックやワールドカップの報奨金って選手はどれくらい貰えてるんだろう?

オリンピックやワールドカップで活躍した選手たちが貰える報奨金は、国によって様々なようで一概に弾け出せないのだが、例えば、韓国が大躍進劇を見せた2002年の日韓共同開催のサッカーワールドカップでは、韓国代表選手は、韓国サッカー協会から選手に約1000万円の報奨金と兵役免除が決定しその他にも様々な特典が提供されたという。

日本の場合、オリンピックで金メダルをとったときで300万円、銀メダルで200万 円、銅メダルでは100万円の報奨金が貰える。
団体競技の場合でも報奨金は、選手メンバー全員に支払われる。
ちなみにオリンピックの団体競技で金メダルを取得する権利のある人は「少なくとも競技開催中に1試合もしくは1競技に出場している選手」と規定されている。
ちなみに、金メダルは、ガッツリ重い全体がゴールドなわけではなく
実は、純度92.5%の銀に6gの純金がメッキされているそうで、原価にすると3万円前後ほどの価値だそうだ。